ゆうゆうのもり幼保園

受賞番号 071110
ゆうゆうのもり幼保園

開発の考え方

港北ニュータウン東側に位置する住宅街にある幼保一体型施設。敷地は西側が下り斜面で周囲には高い建物もなく、丹沢連山から遠く富士山も望める。広いエントランス、中央ホール大階段下に設けたベンチ、多目的室には外部から直接通じる入口もあり、園児や親、保育士などが交流する様々な仕掛けが施されている。

審査委員コメント

保育所と幼稚園が融合された「幼保園」であり、子どもの年齢が0歳児から5歳児までと幅広い。そのため発育段階に合わせた環境づくりを実践している。ユニークな大ネットは子どもなら誰でも遊びたくなる。遊具設計で実績ある応募者の知見が活かされた施設である。

仕様

不審者の侵入防止や指つめ防止をした扉の工夫や転倒しても大きなけがとならないようクッション性をもたせた床とするなどのさまざまな配慮をしている。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。