がすてなーに ガスの科学館

受賞番号 071066
がすてなーに ガスの科学館

開発の考え方

平日は小学校団体・週末は家族利用が主来館者と考え、主対象を小学5年生とし、建築・展示・運営全ての分野での開発主眼をそこにおきました。建築では、柵の安全性や段差解消など、ユニバーサルデザインにも配慮しました。また、展示も、子どもが利用することを前提に形状・素材・位置等考慮しました。

審査委員コメント

体験型、ユニークな展示を行なっているが、来館者のボリュームゾーンである子どもに合わせた安全対策は各所に施されている。展示物は木質系、布系などソフトなものを主に採用し、内装の角はアールにした。また色覚障害対応としてグラフィックの色使いも配慮されている。子どもが安全に楽しめる施設である。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。