観察力を磨き、自由に想像することで、創造性への自信を親子で高めるワークショップ

受賞番号 200235
観察力を磨き、自由に想像することで、創造性への自信を親子で高めるワークショップ

作品の概要

家の周りの植物の採集、観察、想像、発表という流れを通し、いつもと違う視点を獲得し、普段できない想像を自由に行うことの喜びを体験できるワークショップ。最後には発表した内容をオリジナルの想像図鑑とする。COVID-19の影響下においても、子どもたちとその両親のフラストレーション緩和へ貢献できるようオンラインで開催している。

審査委員コメント

オンラインと近所へ出かけるアウトドアワークを連動させた時宜に適ったプログラムである。従来の自然観察に留まらず、想像と創造のマインドを喚起させる新しいアプローチが良い。お互いのクリエイティブを共有でき、かつ他者の考えや発想も学べる点も秀逸である。

受賞理由

身近な植物を観察し、その特徴などをまず自由に想像させてみる。それを互いに発表し、データを蓄積し、図鑑化するなど、アナログとデジタルを巧みに融合してデザインされた質の良い教育を達成できるワークショップである。解答を与える前に一人ひとりの想像力を優先させている点は重要だ。クリエイティブ力の育成手法としてユニークなアプローチである。

入手・利用方法/所在地/問い合わせ先等

実施場所:Zoomを活用したオンラインでの実施。ワーク中にはそれぞれのご家庭の近所へ出かけるアウトドアワークを含む。
参加条件:小学生以上の親子
申込方法:Peatixイベントページより応募(不定期開催)
主宰:デザインのとびら design.tobira@gmail.com
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。