家が建つたびのびる線路

受賞番号 190187
家が建つたびのびる線路

作品の概要

子どもたちが作った線路の上をミニ列車で走るイベント。列車線路ともに材料は建築廃材と古くなった工具。列車を作ったのは鉄道マニアの大工。施主の子どもたちは自宅建設時に建築廃材を集め線路を作る。住宅建設が増える度に線路は延び、子どもたちの愉しみは増えていく。乗る楽しみ、資源の大切さ、作る喜び、力を合わす素晴らしさを子どもたちに感じてもらいたい。

審査委員コメント

建築で発生する廃材の活かし方、大人と子どもの協力方法など、これまでにない着眼点が面白い。開始当初は乗車のみであったイベントを、子どもたちが継続的に参加できる形式に進化させ、その蓄積が延びていく線路として可視化されていく仕組みを評価した。

入手・利用方法/所在地/問い合わせ先等

ホームライフ本社、支店、営業所で適時開催
京都府福知山市和久市町123 株式会社ホームライフ
本社 経営管理部:0120-490-358、問い合わせフォーム:homelife@hl358.com
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。