フライングディスク運動型STEAM教育プログラム

受賞番号 190053
フライングディスク運動型STEAM教育プログラム

作品の概要

Terada3DWorksが小学校や様々な団体のSTEAM教育を支援するため開発した。フライングディスクを題材に3Dモデリング、3Dプリンターを活用する運動型STEAM教育プログラム。入口を運動とし出口をデジタル技術にすることで、運動から体感したイメージ力を3D技術に落とし込み3Dプリンターで再現する経験を得る。

審査委員コメント

フライングディスクによる遊びで現実の動きを脳と身体で感じた後、3Dモデリングで自分なりの形状をデザイン、それを飛ばしてまた学ぶ仕組みが秀逸である。トライアンドエラーでソリューションに近づく方法論はデザインの原理、原則にのっとったものである。

受賞理由

デジタルゲームの台頭で身体を使う機会やコミュニケーションの機会が減る傾向への懸念から、身体性を伴うSTEAM教育へ取り組んだ姿勢が素晴らしい。①多様なフライングディスクの飛行特性を体感し、②自分でフライングディスクを3Dモデリングし、3Dプリンターで制作、③実際に投げてみる、という3回のプログラムにより、遊びの中で子ども同士の会話や個性も養われていく。STEAM教育において「Arts」の要素の取り込み方は重要であるが、このプログラムではきれいに飛ばなくても美しいフォルムを持つもの、機能重視でシンプルを極めたものなど多様性を受容できる仕組みをもたせやすい。デジタルで遊ばされている時代からデジタルで遊ぶ時代へ、というメッセージが示す通り、課題意識からモデリング、身体と対話の引き出し方まで、精緻にデザインされた秀逸なプログラムである点を高く評価し、最優秀賞に選出した。未来を生きる子どもたちにこそ、このようにデジタルとアナログを自らの感性で自由に行き来する学びが必要と考える。

購入・利用できる場所・方法

プログラムに関する質問、ご相談がある場合はお問い合わせ下さい。
問い合わせフォーム:https://www.t3dw.com/about
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。