痛み評価ツール [Pamin]

受賞番号 180535
痛み評価ツール [Pamin]

作品の概要

患児の痛みを表す評価ツールの開発と有効性を検証した研究です。Paminは痛みの“強さ”と“周期”を第三者に直感的に伝えることができ、同時に推移をグラフ化して確認できます。画面に表示される3Dモデルの凸(トゲ)の大きさと収縮速度を指1本のスワイプ動作で表現でき、自分で痛みを表現し伝えているという意識を支援できます。

審査委員コメント

直感的な表現を目的とした可視化ツールにより、子ども自身の痛みを伝えようとする意識を高め、看護師も把握・共感しやすくなる点は有効だ。今後の実用化に向け、大人での比較検証や、痛みの場所・種類などによる丁寧な分析を期待する。

購入・利用できる場所・方法

Apple iPad iOS8以上,App Storeより購入可能
研究論文:https://doi.org/10.11247/adrjssd.23.1_1_74?
AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/id1246644195
お問い合わせ:https://www.kansei-design.net
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。