MESH

受賞番号 180515
MESH

開発の考え方

MESH(メッシュ)は、様々なアイデアを形にできるツールです。センサーやスイッチなどのブロックと身近なものを組み合わせ、プログラミングによって仕組みを作ることができます。これからの時代に必要な、新しい仕組みを生み出す創造力や、身の回りの課題を解決する思考力などを、手を動かしながら楽しく身につけていくことができます。

審査委員コメント

2015年以来、豊富なワークショップの開催実績を有するプログラミングツールである。無線でつながる様々な機能をもったブロック同士をタブレット上で組み合わせ、視覚的にプログラミングを行うことで、物理的な配線の制約を受けずに何度でも試行錯誤ができる。

受賞理由

プログラミング教育やデバイス教育を企図したツールは数多く生み出されているが、デバイスとプログラミングを組み合わせ、人間の感覚や身体性をも取り込みながら、ITリテラシーや問題解決能力を育むツールとして評価した。社会を取り巻く課題は複雑化、業際化しており、「ありたい姿」を考え、そこに向かって知恵や技術を駆使していく力が求められる。子どもたちが思い描いた形ができたときの感動は、AI時代にさらに求められるクリエイティブマインドの原点となる。

仕様

製品サイズ/重量:24×12×48mm/13g

購入あるいは入手できる場所・方法

MESH公式サイト:http://meshprj.com/
購入ページ:http://meshprj.com/jp/tag/
問い合わせフォーム:https://goo.gl/b4XNvr
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。