長門おもちゃ美術館

受賞番号 180499
長門おもちゃ美術館

開発の考え方

この建物は長門市仙崎の港、海と山並みを一望できる場所にある。木のおもちゃに触れながら、子どもから大人まであらゆる世代が楽しめる場所を計画した。地元の木に包まれた空間から山へ、港へ向かうテラスから海へ、子どもの想像力が広がる空間を目指した。公設民営により市民が主体となって柔軟に運営を行い、世代を超えた豊かな関係を築きたい。

審査委員コメント

かつて栄えた漁港の施設をリノベーションし、地域の魅力を次世代に伝える取組である。地元材と加工技術を活用した空間に、地元の魚や果物をテーマにした木のおもちゃが並び、ワークショップが開かれるなど、トータルな木育の空間、海を感じさせる空間として秀逸だ。

仕様

敷地面積:2,664㎡、工事種別:改修及び増築、構造:鉄骨造、階数:1階、床面積(工事範囲):337㎡
建築主:長門市、監修:芸術と遊び創造協会、設計:伊藤立平建築設計事務所 + シンラテック、施工:安藤建設、運営:人と木

購入あるいは入手できる場所・方法

山口県長門市仙崎
info@tappeiito.com
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。