フィロル

受賞番号 180226
フィロル

開発の考え方

市役所などの公共の待合空間において、利用する多くのユーザーが快適に過ごせることを目指したロビーチェアです。開発プロセスにおいて、自治体の協力による市民参加型ワークショップを複数回実施し、市民の生の声を製品に反映しました。親子での2人座りが可能となる幅の広い座席の設定や、ベビーカーの取り回しへの配慮を行っています。

審査委員コメント

子連れでのロビーチェアの利用に際して保護者が感じてきた、2名分を使ってしまうことの気まずさ、ベビーカーのぶつかり、隙間への挟み込み不安などの課題に対して、細部にわたって丁寧にデザインされた製品である。構造や機能性をバランスよくスリムにまとめあげている。

受賞理由

公共機関での家具・什器の使われ方は家庭用と異なり、様々なシーンを想定しなければならない。本作品は市民参加型ワークショップによる調査により3つの課題を抽出し、その結果をデザインに反映させた。子どもや子育てに付随する細かな課題への配慮が見えるプロダクトとしてクオリティが高い。

仕様

1,800×600×750mm/38.7kg

購入あるいは入手できる場所・方法

「オカムラホームページ/企業情報/会社概況/全国支社・支店所在地」に掲載
http://www.okamura.co.jp/company/outline/imgs/branch.pdf
お客様相談室:0120-81-9060
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。