プール監視システム「ポセイドン」

受賞番号 171152
プール監視システム「ポセイドン」

作品の概要

ポセイドンシステムは、フランスに本部を置くポセイドン社によって1997年に開発が始まりました。創始者の知人が子どもをプールで亡くしたことをきっかけに開発に着手しました。機械による監視と、経験豊富なライフガードによる監視で、より安全で安心できるプール環境を提供できます。

審査委員コメント

不特定多数の遊泳者が集まる公共プールでの溺者検出に特化したシステムであり、社会有用性が高い。水中と天井のカメラによる異変感知後10~15秒で場所を特定し、監視モニター、電光掲示板、警報音で通知する。人の目だけでは防ぎきれない事故の被害を最小限にとどめる重要な取り組みである。

仕様

カメラ、PC、LED表示パネル、サイレン等

購入・利用できる場所・方法

※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。