コトブキの防災ファニチャー

受賞番号 160394
コトブキの防災ファニチャー

開発の考え方

災害時には人と人のつながり、コミュニティの力が強い守りの力になると言われます。「防災ファニチャー」は、子どもたちが使う公園の遊具、ベンチなどが、いざという時の安全・安心のための施設に変身するファニチャーです。日頃から子どもたちに災害に対する心構えを伝え、リスクコミュニケーションを学ぶ機会となります。

審査委員コメント

災害時の避難場所として指定されることの多い公園の遊具を、防災設備として活用する取組は極めて合理的であり、普及・定着が望まれる。使用方法や普及啓発にも踏み込んだ提案は、コミュニティの防災活動啓発にも寄与する。

受賞理由

自然災害大国・日本において防災教育やインフラ整備は欠かせないが、有事の際にいかにそれを使いこなすことができるかを意識する機会は意外と少ない。子どもや親子に身近なパブリックスペースである公園や学校を地域の防災拠点として活用するためのハード、ソフトの総合的な提案である。住民同士のつながりを深め、日常的なコミュニケーションを促すワークショップなど、地域の防災教育のスタンダードモデルとなり得る点を高く評価した。

仕様

かまどベンチ(EX-13803K2)320×1400×570mm、103kg

購入あるいは入手できる場所・方法

※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。