永福小プロジェクト

受賞番号 160353
永福小プロジェクト

作品の概要

建築家が、卒業した小学校や後輩たちに恩返しした8年間のデザイン活動。少子化による校舎改築で伐採されたシンボルツリー2本の保存活用と、課外学習ベンチの計画。親や教師だけでなく、卒業生など間接的に子どもに関係をもつ大人が職能を活かして接することで、彼らに将来の様々な選択肢を思い描かせることを目指した。

審査委員コメント

母校の校庭から失われる自然をモニュメント化し、後世に伝えるために、多くの卒業生が協力しており、造形として洗練されていることを評価する。その意図が永続的に伝わるコミュニケーションデザインの工夫があるとなおよい。

購入・利用できる場所・方法

杉並区立永福小学校
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。