チャイルドシート「ネルーム」シリーズ

受賞番号 140407
チャイルドシート「ネルーム」シリーズ

開発の考え方

従来のチャイルドシートは、新生児でも背中が少し起き上がった姿勢となり、少なからず保護者の不安があった。
しかし、今回は弊社の「万が一の事故の際、衝撃を背中で受け、分散させる」という安全哲学を踏襲しながら、
赤ちゃんの快適性向上と保護者の不安感を軽減すべく、可能な限り赤ちゃんを寝かせられる形状を目指した。

審査委員コメント

小型軽量化を図り軽自動車への搭載も可能なチャイルドシート。いざという時の衝撃吸収を面積の広い背中で受けるよう、ベッドの状態で子どもを寝かせる設計を施しており、かつ通気性などの配慮もあり、子連れでの安全な移動の実現に貢献している。

受賞理由

軽量化や子どもの成長に合わせた可動式ヘッドレスト、衝撃吸収構造など、細部にわたり安全設計を施しており、乳幼児連れの自動車での外出に貢献する点を評価した。増加傾向にある軽自動車にも対応しつつ、こうした子育て視点に立ってデザインされた製品へのニーズは今後ますます高まることが予想される。

仕様

新生児~4歳を対象とした“一歩進んだベッド型”チャイルドシート。万が一の事故の際に、衝撃を背中で受けられる角度で、赤ちゃんの快適性に配慮して可能な限りシートを寝かせた形状を実現。

購入あるいは入手できる場所・方法

全国のベビー専門店(アカチャンホンポ、ベビーザらス、トイザらス)、百貨店
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。