育てる住まい「弦巻noie」

受賞番号 140301
育てる住まい「弦巻noie」

開発の考え方

東日本大震災以降、子育てにおけるコミュニティの重要性は増々高まっています。地域社会の大人が子どもたちを見守れる環境や、共に暮らす人々との心地よい相互扶助を、入居者自身が育てていける住まいにしたい、という想いを念頭にコーポラティブハウスの事業企画・設計を行い、「育てる住まい」をコンセプトとしました。

審査委員コメント

住まい手自らが設計に関わるコーポラティブハウスと子育てコミュニティの掛け算による提案性の高い取り組みで、共用部においても屋上菜園を設けるなど住民同士の交流を促す空間づくりが好印象である。子育て層同士が意見を出し合い、合意していくプロセスは孤立しがちな現代において極めて有効な手段と思われる。

仕様

敷地面積421.72㎡、建築面積252.94㎡、延床面積770.43㎡、総戸数9戸。
コーポラティブハウスのメリットを活かし、屋上菜園や定期的なワークショップなど、ハード・ソフト両面から入居者自らが子育て環境をつくり、育てています。

購入あるいは入手できる場所・方法

株式会社コプラスまでお問い合わせください。
ホームページURL
http://www.co-plus.co.jp/
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。