チャイルドセーフティータッセル・房掛

受賞番号 140152
チャイルドセーフティータッセル・房掛

開発の考え方

カーテンの近くで小さなお子様が遊んだりしていると、お子様の首や体にタッセルが巻き付くなどして思わぬ事故につながる事があります。
小さなお子様がいらっしゃるご家庭や施設でも安全に、安心して製品をご使用して頂く為に、一定の力が掛かるとタッセルが外れるチャイルドセーフティー「タッセル・房掛」を開発しました。

審査委員コメント

カーテンを束ねるタッセルの巻きつきによる子どもの窒息事故防止のため、一定の荷重がかかると前へ倒れるフックなど、問題解決のためのデザインが施されている。見落としがちな部分の予防安全対策はキッズデザインの重要な視点である。

受賞理由

ブラインドひもの子どもの首つり事故への安全対策が進んでいるが、カーテンひもの対策にも一石を投じた提案で、子どもの事故防止に対する意識啓発、具体的な対策の点で社会的意義が高い。既存の製品へ後付け可能であることも広がりを期待させるものだ。

仕様

現状の房掛をそのままお使い頂いても、タッセルに一定の力が掛かると先端マグネット部が外れます。房掛は両面シールで窓枠や壁に穴を空けずに取付けが出来るタイプもあり窓枠に後付けが工具を使わず簡単に出来ます。

購入・利用できる場所・方法

全国のインテリア専門店、量販店などタチカワブラインド製品取扱店
http://www.blind.co.jp
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。