こどもOSに基づくデザイン発想ツール「プレイフル・デザインカード」の開発と検証

受賞番号 120207
こどもOSに基づくデザイン発想ツール「プレイフル・デザインカード」の開発と検証

開発の考え方

デザイン発想に必要な問題発見力と創造力を10歳前後のこどもたちの自由な行為(こどもOSランゲージ)に求め、カードツールへ落とし込みました。表にはプレイフルなデザインコードを、裏にはハザードの芽を摘み取る安全・安心コードをまとめました。このカードは様々な商品開発の現場で触媒として活用していただけます。

審査委員コメント

子どもの行動特性をデザイン言語化した「こどもOS」をさらに進化させ、発想ツール化した取り組みで非常に面白い。キッズデザイン発想を喚起し、使ってみたくなるアイコンも秀逸。

受賞理由

子ども特有の行動特性や心理特性などをデザインコード化した「こどもOS」をユニークなカード形式で発想ツールに進化させた意欲的な取り組み。表には大人が忘れてしまった子どもならではの行動から学ぶ新たなデザインコード、裏にはそれが時には事故要因にもなりえるという注意喚起につながる安全安心コードを記載しており、複層的にクリエイティブマインドを喚起させる。

仕様

21個のランゲージがセットになった、こどもたちに特有の行為や思考(こどもOSランゲージ)をまとめたヨコ134mm、タテ190mmのデザイン発想のためのカードツール。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。