Someoto(染音)

受賞番号 120166
Someoto(染音)

開発の考え方

長期入院患児を対象として,能動的音楽療法に焦点を当てた本ツールは,力が無く音楽経験がない子どもでも,音を創り出しているという感覚にさせてくれる.
対面して二人で操作することもでき,ランダムに操作してもペンタトニックスケールを用いているため違和感なく合奏しているようなイメージを演出することができる.

審査委員コメント

独自のテーマに対して継続性ある取り組みである点を評価した。知見をビデオでまとめたり、伴奏「有り」「無し」などの客観的比較ができるデータがあるとなお良い。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。