ピッコリーノ学園・保育園 ピクシーホール

受賞番号 100249
ピッコリーノ学園・保育園 ピクシーホール

開発の考え方

平日の保育活動とともに、週末に子どもと大人が集うイベントに利用できる多目的スペース。
「子ども」と「大人」のスケール感の違いにより見え方・使い方が変化し、子どもが親と一緒になって楽しめる仕掛けを備えている。
イベントを通し、子どもと両親・家族・地域の人との結びつきを強固にする基盤となる場の実現を目指しました。

審査委員コメント

空間全体に遊具的アプローチを施したアイデア空間。ワークショップなどのクリエイティブな活動を行なうには良いスペースであろう。空間を活かした教育展開を今後も追求して欲しい。

仕様

多様な使い方を喚起する山の地形を構築し、音楽会ー座席、演劇ー舞台、作品発表会ー展示台に変化する。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。