ベビーチェア(品番:YKA15)

受賞番号 100212
ベビーチェア(品番:YKA15)

開発の考え方

お子様を安心して座らせるためには、商品が頑丈であることはもちろん、清潔性も重視されます。
本商品は適切な座面高さや、座面に十分な足入れスペースを確保するなどの「座らせやすさ」を追求することで、座面が汚れにくい形状としました。また凹凸の少ないシンプルなデザインとすることで清掃もしやすくしています。

審査委員コメント

ベビーチェアは子どもに靴をはかせたまま、座らせることが多く、足入れの部分が狭いと靴があたって汚れやすくなり、衛生面で問題がある。座らせやすさにこだわったデザインによって育児支援、管理支援双方にメリットを生み出している。

受賞理由

※本作品は下記受賞作品と併せて3作品で、「お子様連れ配慮商品」群として最優秀賞を受賞しています。
・応募番号:100211a6 ベビーシート(品番:YKA25)
・応募番号:100213a6 フィッティングボード(品番:YKA40)

子連れでの外出時の作業支援の視点から、駅や公共施設、商業施設向けに開発されている。安全性と衛生性、メンテナンスの容易さを同時に満たし、シンプルで小型化に成功したデザインを評価した。0歳児から5~6歳児までに対応し、各製品で年齢ごとに設計面での細かな気配りが見てとれる。子育て支援の社会インフラ整備への貢献度を高く評価した。

仕様

ベビーシート・フィッティングボード(着替え台)と合わせてトイレ内に設置することで、子ども連れの方がお子様のオムツ換え後に、自身の用足しや手洗い時に一時的にお子様を座らせることが出来ます。

購入・利用できる場所・方法

TOTO株式会社
http://www.toto.co.jp/
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。