すべらんうどん

受賞番号 092014
すべらんうどん

開発の考え方

この商品は、普通食を食べるようになる2才前後の子どもさんをはじめ、幅広い層にうどんを食べてもらいやすいように、ユニバーサルデザインとして開発しました。うどんの長さは18cmほどで、一般のうどんより10cm短く、ところどころに切れ目が入っており、箸やフォークにひっかかりやすい仕組みになっています。

審査委員コメント

うどんの麺に切れ目を入れてフォークが引っかかり、すべらずに持ち上げることができるというシンプルだが秀逸なデザイン。子どもの食べやすさは高齢者や手の不自由な人、箸に慣れない海外での需要も喚起するものである。

受賞理由

食品分野が目指すキッズデザインの優良事例として高く評価した。食品自体にも、まだまだデザイン開発の可能性があるということに気づかせてくれる製品である。

購入あるいは入手できる場所・方法

イオン各店舗、うどん双樹店舗(大阪天満宮・星合茶屋)、ネット通販(http://www.udon-soujyu.co.jp/)

受賞者のコメント

正直ライフワークで未だ採算は厳しいです。ですが金賞をいただいて明らかに変わったことがあります。ホームページへのアクセスが2倍になりました。したがってそれにつけ今も色々な効用があります。
実際、知り合いの方の紹介で自動車メーカーさんの関連会社さんにもスポットですが景品として利用していただきました。また色々なメディアさんに取り扱っていただき、お取り寄せ番組に載せていただいたとき、2日間ですがそのときの最高アクセスが一日2000件を超え、アクセス急増でヤフーの検索上位になったとか、また、ラジオ番組でそのことをとりあげてもらいました。
1,2月は受験シーズンと言うこともあって連日1日2000件を超えるアクセスがありまして、2月にはメディアの影響でホームページへの注文が殺到しました。
最近のアクセス状況は1日60から100件で金賞をいただく前の2倍程度に推移しており正直びっくりしています。
以上簡単ではございますが金賞受賞の効用を述べさせていただきました。
感謝。

うどん双樹株式会社 代表 岡 道信
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。