超音波診断装置 HI VISION Preirus

受賞番号 091030
超音波診断装置 HI VISION Preirus

開発の考え方

本デザインでは、心拍の安定による鮮明画像と患者や使用者に圧迫感の無い優しい装置の開発を目指しました。さまざまな検査スタイル(立位座位)や患者の体格差にスピーディーに対応する操作部ポジションの確保、暗室操作での視認性、院内搬送時の前方視野確保等、コンパクト性と使い易さを両立を実現しました。

審査委員コメント

妊産婦に優しい配慮を施した色彩や形状、子どもが親しみやすい動物に似たフォルムなどを持つ超音波診断装置。操作系のユニバーサルデザイン化も施され、医師にもよりよい診察環境を提供している。医療機器にキッズデザインの視点を持ち込んだ先進性、提案性を評価した。

受賞理由

専門家が使う医療機器が患者やその家族に対する配慮を行なっている点、治療時の不安感を払拭するデザイン提案を高く評価した。こうした分野においても生活者目線が必要であることに気づかせてくれる。

仕様

産科・小児科や内科外科などで、超音波ビームを患部にあて多方向に送受信し画像を重ね合わせることで病変や胎児の成長を明瞭に観察できる超音波診断装置。
寸法(mm):高さ1350×幅450×奥行き900

購入あるいは入手できる場所・方法

株式会社 日立メディコ
http://www.hitachi-medical.co.jp/product/
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。