パソコン分解体験を活用した環境教育プログラム

受賞番号 090129
パソコン分解体験を活用した環境教育プログラム

開発の考え方

地球温暖化や資源の枯渇を防ぐには、人々の生活意識や習慣を改善することが求められております。本環境教育プログラムは、子どもたちにパソコン分解体験を題材に3Rに関する見識を深め、自らが取り組める環境配慮活動に対する自主性や創造性を引き出し、育てることが狙いです。

審査委員コメント

パソコン分解という経験をデザインし、環境教育につなげている点を評価した。モノの「来し方行く末」を体感することは環境への問題意識を高める点で重要なポイントである。

仕様

子ども達の学びには、導入部分の楽しさ、繰り返しその原理を理解できるようにすることが重要です。そのための仕掛けが、マジックや身近なグッズを使った楽しいコミュニケーション、復習用の「3Rパンフレット」です。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。