沖縄小児保健センター

受賞番号 090041
沖縄小児保健センター

開発の考え方

訪れた方の気持ちがゆるみ、思わず微笑んでしまうような建物にすることが最大の目標です。やわらかい印象のゆとりある空間をつくり、ユーモラスなサイン計画や外壁の花柄模様などを取り入れています。公明正大かつ創造的な沖縄県小児保健協会の特徴を建築で表現し、沖縄の環境の中で心地よい空間を目指しました。

審査委員コメント

開放的なイメージが公共的空間に入り込んでおり、違和感なく外から入ってこられるデザインは秀逸である。サインを有機的に表現し、鏡を活用するなど子ども目線を意識している。コミュニティの中心性、象徴性を持つ建物である点がよい。

受賞理由

子どもの健康維持のための施設が地域のシンボル的に存在するという社会提案性を高く評価した。さまざまな場所から入りやすい開放感を持つ外観デザインもよい。

仕様

庇下空間や屋根付きのベランダを設け、沖縄の日差しを避けつつ明るさを確保しています。それら外部と連続するワンルーム性の高い室内空間には多くの開口部から風が通ります。沖縄の住宅のような空間を目指しました。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。