おもしろびじゅつ帖

受賞番号 080128
おもしろびじゅつ帖

開発の考え方

「おもしろびじゅつ帖」はサントリー美術館の小中学生の来場者やワークショップ参加者、学校単位の見学者に配布し、美術館に興味を持ち、また足を運びたくなる気持ちになって頂くことを目指しました。展覧会を通じて日本の美を楽しく面白く伝え、子供だけでなく大人も思わずほしくなるようなツールが開発コンセプトです。

審査委員コメント

子どもの美術鑑賞の支援ツール。展覧会ごとに異なる装丁の採用や出展作品に基づいたクイズなど鑑賞中も持ち帰っても楽しめるツールづくりをめざした。デザインクオリティが非常に高く、きめ細かいつくりが非常に良い。子どもの時からこうした良質なコンテンツに触れることでアートに関する意識も向上する。

受賞理由

美術館というコンテンツを、デザイン性に優れたユニークなツールを用いて子どもたちの感性や想像力を喚起する試みに成功している。美術館プラス補助教材というプログラムを全国の施設で展開して欲しい。

仕様

美術に親しんでもらうため、屏風形や巻物形など展覧会毎に毎回異なる装丁にして、キャラクター「南蛮人のボタンさん」が展覧会の作品を使ったクイズの出題者や美術館の鑑賞ルールの指南役として登場します。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。