ウィル スリー(スプーン/フォーク)

受賞番号 071027
ウィル スリー(スプーン/フォーク)

開発の考え方

お子様が生まれて初めて自分の意思で使う道具である“スプーン”。それを上手に使えないお子様の為に、形状記憶ポリマー(三菱重工製)をグリップに使用してさまざまな症状に対応できるように開発したカトラリーです。繰り返しの変形ができるので、成長にあわせて徐々に4本握りから3指持ちへ誘導する機能もあります。

審査委員コメント

形状記憶ポリマーのグリップは可変性があり、人が道具に合わせるのではなく、道具が人に合わせるという新しい発想がある。幼児が自分で握って食べることができた、という自立心を持てる道具としての提案を評価した。スプーンの皿部分の形状や深さも福祉施設との共同研究で得られたデータを元にしており、カラーリングとともにデザイン性も秀逸である。

仕様

70度以上のお湯に3~5分つけると柔らかくなります。お子様の手にあわせて形を決めると、握り方にぴったりしたグリップになります。20度以下のお水に3~5分つけると固まります。何度でも変形できます。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。