温熱環境が子どもの動線に与える影響に関する研究

受賞番号 070174
温熱環境が子どもの動線に与える影響に関する研究

開発の考え方

住宅の性能や機能向上は、大人に快適な室内環境を作り出してきたが、この環境は成長期の子どもにとって必ずしも適切な環境ではない可能性がある。本研究は子どもの動線と住宅内での室内温熱環境の関係性を明らかにし、さらに人間に本来備わっている環境適応能力を育むために適切な空調設備をデザインすることを目的とした。

審査委員コメント

住宅内の空調による子どもの動線分析を行なっている。空調の種類によって行動範囲が大きく変わることが指摘されている。子どものライフスタイルや身体特徴に適した温熱環境のあり方へ一石を投じている。

仕様

特徴:マーカーはヘアバンド式(被験者の負担が軽い、寝転ぶなどの行動に支障がない)計測周波数は2Hz(子どもが室内を走り回っても充分追跡が可能)
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。