登下校お知らせサービス

受賞番号 070112
登下校お知らせサービス

開発の考え方

子供たちの安心・安全対策のひとつとして、登下校状況を正確かつ迅速に把握したいという学校や保護者の要望に応えるため、開発を行いました。教育関係者と協議を重ねながら、子供の自由な動きを制限することなく、また教職員は事務軽減により子供とのふれあいに時間を割けるよう、信頼性の高いシステムを構築しました。

審査委員コメント

校門を通過する際にRFIDタグが反応して親の携帯やパソコンに子どもの登下校情報がリアルタイムに送られる。IT技術を駆使した親と子ども、学校とのコミュニケーションは使用感を強く意識することなく、非常時には迅速に状況を伝えてくれる点に未来性を感じる。

仕様

人体に安全なアクティブ型RFIDタグを鞄に入れた子供たちが校門を通過すると、学校は在/不在が即時に確認でき、保護者はその時刻をリアルタイムにメール受信できるシステムです。
※掲載している情報は、受賞当時の情報です。現在の情報とは異なる場合があります。